私たち●●してきましたっ!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ダージリンI ロープウェイと茶畑

<<   作成日時 : 2018/05/31 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



さにゃえが誰かのブログから得た情報によると、ダージリンには茶畑が一望できるロープウェイがあるらしい。ただ、それがどこにあるのかまでは結局わからずじまい。


『じゃあ丘の上を散策すれば、ロープウェイの鉄塔なりケーブルなり、何か手掛かりが見えるんじゃない?』 と考えて散策をしたのでした。

その時の日記 → ダージリンH 散策





でも結局は散策では見つからず、むしろ歩きすぎて、ダーは以前に痛めていた足底筋が再び痛みだすという状況に・・・。


この絶妙なタイミングで、広場で休んでいたタクシーの運転手が声をかけてきた。 『タクシー乗る? いろいろ案内もするよ。』

私たち  『ロープウェイってダージリンにありますか?』

タクシー 『あるよ』

私たち  『歩いて行けますか?』

タクシー 『1時間ほど行ったところだよ』


・・・そう、じつはロープウェイはダージリン駅のあるメイン道を、北西に歩いて約1時間という離れた場所にあったのでした。それだけ、茶畑は広いって事。




結局、もうダーは足が痛かったのでそのタクシー運転手と交渉。1000ルピーでロープウェイと近くの茶畑案内までしてくれることに。

画像






そうして辿り着いたのが、『Darjeeling Rangeet Valley Ropeway』

画像




地図をざっと見ただけでは見つけにくいので、上の正式名称で検索をどうぞ。



鉄塔の近くに登り口があり、そこから少し上に行った場所にチケットカウンターがありました。

画像


画像


画像





価格は1人往復200ルピー。 トータルの所要時間は約40分です。 その間もタクシーの運転手は待ってくれていました。

画像


画像







残念ながら茶葉の収穫時期ではなかったので、茶摘みの人たちの姿は見えませんでしたが、ヤギはいたっ。

画像




遠くまで広大に広がる茶畑。すごく気持ちよかったです。

画像


画像




ちなみに、なぜかネパールから来ていたネパール人観光客と同席でした。 復路は仲良く世間話したり、お互いの写真を撮ってあげたりしました。









タクシーの運転手と合流し、次に向かったのはさらに北に行った『パットリアバス・フォレスト』という茶畑。

畑の入口、道路沿いには沢山のお店がありましたが、まずは畑の中へ。


画像



画像



画像






運転手のおススメでは、タマン族のドレスを着て茶畑で記念写真を撮るというもの。

画像






1人50ルピー(約85円)。




さにゃえ、着せてもらう。

画像





そしてダーも着せてもらう。  

画像




・・・。ダーは特にタマン族そっくりな顔らしい。

後日ネパール人にもびっくりされた。似合ってるって。

画像




ウソみたいだろ。日本人なんだぜ、それで。 








さんざんいろんな角度やポーズで写真を撮ったあとは、外のダージリンティーの茶葉ショップへ。

私たちのタクシーの運転手は、知り合いが7番にいるとのことです。ちなみに、どのブースでも売ってる茶葉はここの畑のもので、値段も同じでした。

画像






ラインナップは、グリーンティとミルクティの茶葉。

画像


画像




テイスティングで飲ませてくれたのがとっても美味しかったので、迷いなく購入。


しかも日本で買うよりかなり安かったです。





このあと、タクシー運転手にホテルまで送ってもらいました。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい
ダージリンI ロープウェイと茶畑 私たち●●してきましたっ!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる