ネパールで作ってみた ぜんざい

小豆がないので、赤インゲン豆を使って「ぜんざい」を作りたいと思います。まずは乾物屋さんで豆を買います。


画像



ちなみに・・・
ネパール語でインゲン豆は सिमी (シミ)、赤インゲン豆は राज्मा (ラーズマ)といいます。

今回はお客さんと一緒に食べるので9人分。ラーズマを500グラム買いました。




はじめに煮こぼしとして、水から2度沸騰させ、アクを出します。

その後、圧力鍋で柔らかく煮ていきます。2回ほど水を足しながら豆が柔らかくなるまで煮ます。

画像





柔らかくなったら、次にヘラなどである程度 豆を潰します。そのほうがコクや旨味が出て美味しいです。とろみは、砂糖というより潰した豆の繊維。

画像




砂糖を300グラム、塩を小さじ半分くらい入れて甘味を足していきます。



しばらく煮詰めて味を豆に染みこませて完成。

お餅は、タメルのロータスで売ってました。

画像





残ったアンコは、パンにはさんでアンパンにできます。

画像




赤インゲン豆でもじゅうぶん美味しいアンコができました!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)