バイクの免許取得にむけて③登録申請の確定編

1次登録ができたという連絡をうけ、今日は再び交通局までやってきました。


登録代行のお店に作ってもらった申請用紙を交通局に提出して受け付けてもらうのが今日の行程です。

画像





手続き自体は10時からとのことだけど、大混雑が予想されるので、朝8時には交通局に行ってみました。


まだ開門前だけどすでに20人程集まっていた。一旦ゲート前で列を作る。


その後30分ほど経った時に一気に列が崩れた。何事?


どうやら関係者が来ていて、受付順のナンバリングを申請書に書き込んでくれるらしい。


ここで我先にと皆が関係者付近に集まる。


日本なら『列に戻れ』と一喝して終了なのだが、そこはネパール。関係者も受け取っちゃうもんだから、皆が団子になって押し寄せ、道路は大渋滞に。


さすがに危ないと感じたのか、40人程のフォームを受け取った後は何もせず、程なくしてゲートが開いて交通局の中に入った。


ここで、フォームを受け取ってしまった関係者と他の関係者が喧嘩を始めた。野次馬も群がる。

画像



『さばききれないような中途半端な事をするな』と、もう一人の関係者が怒っている。確かにそう思う。


結局、はじめの40人分程は受け付けた順番に並ばせ、その後は先着順に列の後ろに並ばせていった。


私はというと、22番目をちゃっかりキープしていました。

画像






9時半ぐらいにヘルプデスクがオープン。ここで順番に、正式なトークンナンバーをもらう。


女性の列と交互に受け付けているようなので、もらったナンバーは50番。

画像






お次は窓口での手続き。建物の裏手にある一連の窓口は10時にオープン。


10人くらいの単位でトークンナンバーが点灯するので、まずは⑥の場所へ。ここでデータの登録と照会。

画像



パソコンが置いてあって、新規なら顔写真や指紋やサインなどを登録。

ダーは追加申請なので、以前の登録情報の確認だけ。




次に⑦の部屋で38ルピー払って視力検査。といっても、色盲かどうかの簡単なチェック。色で書かれた数字を読むだけ。

画像


画像





終わったら⑧の窓口の女性に申請用紙を渡してしばらく待ちます。名前呼ばれたら500ルピー払って、ピンク色のビル(領収書)を受け取ります。


最後に⑨の窓口にビルを渡して、白い試験受付表を印刷してもらいます。


これで試験の受付が正式に完了しました!


窓口に貼られていた手紙によると、今日受け付けられた人の試験は、2日後になりますね。

画像






ここまでの所要時間は4時間。いまお昼の12時です・・・。


まだ私は50番目のトークンナンバーだったけど、300番台とかの人もいたから大変だろうなぁ。


はじめはごった返した感じだったけど、ネパールでも比較的順番に扱うという習慣ができてきたのか、それほど混乱は無かったです。


ま、心の余裕がないとやってられませんよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)