鶏そぼろ事件

最近はセールスベリーやバトバティーニといった大型スーパーだけでなく、小さなお店でも買えるようになってきた冷凍肉。

画像




気軽だからこそ起こった悲劇があった。


友人が二人でルームシェアをしていた時、片方が晩ごはんの担当だった。仮にその担当をSとしよう。

そのSが、冷凍の陳列ケースにあった、とりわけ安いチキンキーマ(ミンチ肉)を見つけた。

画像



500gで125ルピー。普通のチキンキーマの半額以下の値段だ。


Sは喜んでそれを買い、その日の晩に鶏そぼろ丼を作って友人Rと共に食べた。

画像



嬉しい食事の時間となるはずだったのだが・・・。


友人Rはその鶏そぼろの肉の質に怒り心頭だった。というのも、軟骨や筋などがゴロゴロ入った、とても人間が食べるもののようでは無かったからだ。

『こんな粗悪な肉をお店で売るなんて! 』



次の日 Rは、台所にあった先日 Sが買ってきたチキンキーマの袋を見て驚愕した。

画像


画像



なんと、PET FOOD (Chicken)でした。



ネパールの識字率からすると間違える人が多いのか、バトバティーニでは わかりやすい写真付きのパッケージでした。

画像



でも、日本人は間違わないよねぇ。値段見て、何で安いのかなって一旦考えるよねぇ、やっぱり。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い