ネパール地震後4年 緊急事態発生時の安否確認訓練の実施

日本大使館から、安否確認のための訓練メールがきました。防災に努める政府の働きに感謝です。



昨今、災害やテロなども含め、どこで何がおこるか予想できない状況が生じることが多いです。



今日がちょうど大地震後4年目になります。

昨日の朝、割と大きめの地震がカトマンズにきました。

画像




緊急事態発生時に探してもらえるよう、日本大使館に旅程など伝えておくことは大事だと思います。


以下が大使館からの情報です。





(訓練)緊急事態発生時の安否確認訓練の実施(4月25日)について

ネパール在留邦人の皆様へ 在ネパール日本国大使館


●ポイント
 本日緊急事態発生時の安否確認訓練を実施しています。
 本メールを受信された方は、メール本文に沿ってご返信ください。

1.このメールは、4月19日付領事メールでお知らせしました、緊急事態発生時の安否確認メール訓練です。

2.このメールを受信されましたら、以下の連絡先まで返信いただきますようお願い致します。本日ご都合の悪い方は、後日でもかまいません。今回の訓練はメールを返信いただければ終了です。





 1 連絡先(在ネパール日本国大使館領事メールアドレス)
   consular-emb@km.mofa.go.jp
 2 連絡内容  
  ・連絡者氏名(家族、友人等一括連絡でもかまいません。)
  ・滞在予定日程
  ・その他参考事項、コメント(地震時の体験談、地震対策としてご自身で行われていること等)

※ なお、この機会に、外務省が作成した「ゴルゴ13の海外安全対策マニュアル」及び在ネパール日本国大使館ホームページ上に掲載中の、ネパール滞在の在留邦人向けの「安全の手引き」のリンク先を添付しましたので、一読の上ご活用ください。



ゴルゴ13の海外安全対策マニュアル:

http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

安全の手引きリンク先:

https://www.np.emb-japan.go.jp/files/000445531.pdf

※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら,大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。