スクーターでタライまで ⑤ ダム湖ルートの崖崩れ

行きに通った道は斜度が急すぎてスクーターで走行が大変だったので、帰りは別ルートを通って帰ることにしました。


マルクゥのダム湖の横を通るルートです。

画像


画像



じつは、ダクシンカリからマルクゥのダム湖までの峠道というのは主に2種類あります。


行きに通ったのは、道幅がある程度広く、ジープなどが通るバイパス道。今回帰りに選んだのは、もうひとつの道、道幅が普通で地元の人が使う集落道です。



ダム湖にちょっと立ち寄り、その後も途中までほぼ問題なく走れていたのですが、とある地点で迂回するように看板がたっていて、誘導する人も立っていました。

画像



迂回のルートは『本当にこれであっているのか?』と思わせるほど山の中に入っていくルートで、途中逆から来た人も『これで大丈夫なのか』と聞いてきたほどです。その人たちは私たちが行きたい場所から来ていたので、私たちも少し安心しながら迂回ルートをひた走りました。


おそらく1時間ぐらい余分に走って何とか元の道に出たのですが、すぐ迂回の意味が解りました。


がけ崩れです!!!!!

画像


画像




しかも現在進行形。 石や砂が上からどんどん崩れて落ちてきていました。 これは危ない!!!




こりゃあ、しょうがないわ。




気を取り直して地道を走り続けていると、今度は徐々に天気が怪しくなってきました。


結局、カトマンズにつくどころかダクシンカリに着く前に、雷を伴う嵐にみまわれました。 ゲリラ豪雨です

あっという間の出来事だったので、ずぶ濡れに。

画像



週間天気予報では旅行中晴れ予報だったので、雨具も持ってきておらず、とりあえず峠にあったポツンと一軒家の軒先で1時間ほど雨宿り


結局帰りの行程(ニズガット~カトマンズの家まで)は、全部で9時間以上かかってしまいました


しかし、スクーター旅行の記録を更新したので楽しい経験になりました。


次は、チトワンやポカラにまでスクーターでいこうかな