2泊3日でチトワン ⑤ カヌーライド

今度はボートで川下りをして水辺の動物観察をします。

画像


画像





エレファントサファリが終わってからホテルに帰って軽食を食べ、ガイドさんと合流したのが午後12時半過ぎ。


まずはテンプーで移動します。目指すは、朝のエレファントサファリと同じ場所。そこからボートも出ているからです。

画像





ガイドさんと運転手、そして私たちの合計6人がギュウギュウ詰めで1台に。


途中、公園管理事務所にガイドさんの用事で立ち寄りました。

画像





ボート乗り場に到着。ここで、予約しておいた何組かが集まって出発します。

画像





写真に写っているのは手作りの椅子。

ボートの中に置いて使用します。

画像




そして舵取りは竹竿です。

画像



カヌーライドと言っても、木で作られた非常にシンプルなボートです。




出発時ガイドさんから注意点がありました。

『このラプティ川には肉食のワニがいるから、手をボートの外に出して水につけてると食われるよ』

画像




「けっこうボートから水面が近いし、怖いね。」

な〜んて思ってると、はい、早速ワニがいました。

口が丸いのが危険な肉食のヌマワニ。

画像




口が細長いのが臆病な魚食のインドガビアルです。

画像




子どもも大きいのも、沢山いました。

画像


画像


画像


画像




この日は曇りで寒かったので、ワニはみんな水の中というより、水際で陽を浴びてジッとしてました。





ワニの他に、沢山の種類の野鳥も見れました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像





鳥を見つけるたび、その都度ガイドさんが自分の図鑑を見せてくれて、あれは○○だよって教えてくれました。

画像


画像


画像



すごく仕事熱心なガイドさんで、別グループの人にも教えてあげてました。






チトワンには450種類ほどの鳥類が生息していて、いろんな場所で観察が可能。


カヌーライドが終わって下流についたら、そこからガイドと一緒にジャングルウォークをして野鳥を見るも良し、子象が飼育されている「エレファントブリーディングセンター」に立ち寄るも良し。

画像



私たちは、このあとすぐ次のアクティビティのために、すぐホテルに戻りました。



ちなみに・・・ボートにはエンジンなど積んでないので、帰りは船頭さんが頑張って川を登ります。ぜひ船頭さんにチップをあげてください。

画像